代表メニュー

お食事初めの一皿(Inizio)は季節の野菜のスープ。
季節の野菜を様々な調理法でスープに仕立て、そこに仔ウサギの自家製サルシッチャを浮かべてご提供致します。
野菜の持つ甘み、旨味が動物性の旨味を引き立てます。

温かい前菜では、こちらもトスカーナ・フィレンツェ伝統料理“伊賀牛のランプレドット”。通常は牛のギアラ(第 4胃袋)を使用しますが今回は、非常に入手困難な、小腸・トリッパ・ギアラ・肺・顎・食道の6種を抜擢し、サルサヴェルデとともにお召し上がっていただきます。プリモピアット(パスタ料理)では、食材の宝庫でもあるトスカーナ・ムジェッロ風の伝統料理“カッペレッティ(小さな帽子型パスタ)”。ソースは仔羊を香味野菜と白ワインでじっくり煮込んだラグーソースに、旬の筍を添えて楽しんでいただきます。

PAGE TOP